設立 昭和25年

活動目的
ボーイスカウトの組織を通じ、青少年がその自発活動により、自らの健康を築き、社会に奉仕できる能力と人生に役立つ技能を体得し、かつ、誠実、勇気、自信及び国際愛と人道主義を把握し、実践できるよう教育することをもって目的とする。

活動内容
ボーイスカウト運動は、「ちかい」と「おきて」の実践を基盤とし、ベーデンパウエルの提唱する班制教育と、各種の進歩制度と野外活動を、幼年期より青年期にわたる各年齢層に適応するように、ビーバースカウト、カブスカウト、ボーイスカウト、ベンチャースカウトに分け、成人指導者の協力によってそれぞれに即し、しかも一貫したプログラムに基づいて教育することを 基本方針とし、活動している。
桑名市小野山「養泉寺」を母体に活動


代表者 伊藤 隆 イトウ タカシ

連絡先 下間 賢了(養泉寺) シモツマ リョウケン
〒511-0821 桑名市小野山西180
TEL:0594-22-2290 FAX :0594-23-6760

主な活動場所 桑名市   会員数88名  会費 月:1.700円~4.500円