令和3年6月更新

設立 平成7年

活動目的
ユネスコ第1回世界無形遺産に認定された能楽を後世に伝承するため、これに携わる我々は、芸の修錬は基より、人間形成の向上を行い、魅力ある能文化を醸成する。

活動内容
以下の行事を行う。 
・松盛会
 初謡会・春之会・夏季錬成会・秋之会・納会
・対外の行事
 市能楽連盟大会、六華苑祭、精義まちづくり拠点施設発表会
 県能楽まつり、三重観世流大会


桑名市・三重県内の各種大会への参画
名古屋能楽堂の行事へ(3年に1度)


代表者 小松 勝憲 コマツ カツノリ(松盛会々主、市連盟会長、養成会々長)

連絡先 安井 薫子 ヤスイ シゲコ(市連盟理事、県能楽連盟理事)
〒511-0074 桑名市南寺町53
TEL:0594-22-0329

主な活動場所 桑名市・三重県内 会員数 20名
会費:拠点施設 2.000円~3.000円/月
   松舞台 1科目3.000円/月 ・ 2科目5.000円/月 


活動分野  6.学術、文化、芸術又はスポーツの振興を図る活動