桑名市市民活動センター協働運営委員会

市民協働によるまちづくり支援

💛「広がれ、こども食堂の輪! 全国ツアーinみえ」のご報告

time 2019/01/22

 楽しい食事と安心できる居場所「子ども食堂」をたくさんの人に知ってもらい、県内で子ども食堂が広がっていくきっかけとなるよう、「広がれ、こども食堂の輪!全国ツアーinみえ」が12月9日(日)に開催され、約200名の参加がありました。
午前中は『誰のため?何のため?子ども食堂』をテーマに、栗林知絵子氏の講演と県内の子ども食堂運営者らによるパネルディスカッションが行われ、活発な意見交換がなされました。
昼には「子ども食堂体験」としてカレーライスが提供され、午後からの遊びブースでは、紙飛行機、バルーンアート、スライム、新聞紙のスリッパ、ボールプール、ブロック遊びなどが体験でき、子ども達にも喜んでもらえました。

午後からは分科会も行われました。
分科会①では、子ども食堂を作ろうというテーマで、仮想子ども食堂をグループごとに考え、大いに盛り上がりました。
分科会②では、子ども分野NPO交流会ということで、子どもの体験、いじめ防止、子どもの発達支援、子育て支援について、ワールドカフェ形式で行いました。
分科会③では、みんなの声を聞かせて!をテーマに子どもの声を聞き取りました。

また、子ども達の身近に安心できる居場所が更に増えていくよう、これから子ども食堂を開きたい人、手伝いたい人、支援したい人が連携して子ども食堂の輪を広げることを目的とした「三重こども食堂ネットワーク」が設立されました。

NPO活動ニュース

つれづれ便り